カップル喫茶に行って・・



さて、先日とある都心のカップル喫茶に恋人氏と行ってきました。

ずいぶん前に流行ったらしんですが、今はその頃に比べると店舗数はかなり減っているという事です。

何を隠そう私は、若かりし頃にはこういうところに行った経験はなく、今彼に連れて行ってもらったのが初めてで、今回は2回目です。

GW中だったせいもあるのか、昼過ぎから結構盛況で、と言うことは何組ものカップルさんがいた訳です^^

基本的に、ほぼ全裸になって、フェラしたり舐めあったり、ソーニューしてるとこをお互い見せ合う場です。

合意があれば、多分「交換」なんていうのもアリなんだと思うのですが、さすがに少数派なのか、そういうのは見かけませんでした。

若い人も少なくて、大体30~50代(男性は60代らしき人も・・)のカップルさんが主流のようです。


右を向いても左を見ても、対面もフェラ中だったり、濃厚キスしてたり、ハメてたり・・・。

恥ずかしいんですが、そこはそれ「お互い様」状況なんで、案外大胆に奔放な淫靡な気分になれちゃうものなんです。

いかにもワケあり風なじいさまと秘書みたいな若い女性カップルやら、やる気満々の中年男性と妙にうら若い女の子のカップル、年配の夫婦、サクラっぽいやらせカップル、静かに密着してるカップル・・・。

押し殺しながらもつい出ちゃう喘ぎ声や、咽喉声のささやきや、粘膜のこすれ合うしめった音が、ひそやかな空間に充満している中・・・。

私もビールで咽喉をうるおしながら、フェラに邁進します・・。

「うまくなったね・・」という彼の言葉が、妙に嬉しかったりしました。

(そりゃ、性戯っていうのは下手なよりは上手い方がカッコいいし、その方面では研鑽を積んできたであろう彼が言うのだから、嬉しさもひとしおな訳です^^w)

非日常的な刺激の中で、いつもとは違った高揚感のままに、後ろから前から上から・・・。

しかし、ハメ合ってる目の前にハメ合ってるお尻とかおXんことかちXこが見えてるっていうのは、何ともいかがわしくも不思議な感じがするものです。

何組もの視線を感じるからなのか、興奮しながらも、アタマのどこかが冴えていて、余計に感度が上がるようにも思われます。



それにしても、こういうとこに来るのだって彼が一緒だからこそっていうのはありますね~。

この好きなオトコに、他人の視線にさらされて恥ずかしいのに感じちゃってるのを見られてるっていうのもまたやらしいシチュエーションでもあります。

また、そのうち記憶が薄れた頃に遊びに行きたいところです。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック